家を改築するならカードローンとリフォームローンのどちらがおすすめ?

リフォームならリフォームローンがおすすめ

マイホームを所持している人は、築年数がある程度たてばリフォームを考えるのではないでしょうか?
また家族が増えた、両親と同居することになったからリフォームが必要という人も多いでしょう。
リフォームは家を建てる時に比べれば費用が安く済みます。
とは言っても数万円でできるとも言えないので、ここでも高額の出費となるのです。

 

家をリフォームする時はやはりどこかでお金を借りてからとなるでしょう。
お金を借りることで思いつくのがカードローンだと思いますが、リフォームの場合はリフォームローンがおすすめです。
リフォームローンは500万まで借りることができるので、大体の改築に必要な資金を工面できるでしょう。

ちょっとした改装ならカードローンでもOK

金利も安く設定されているところが多いので、返済の負担も少なく済みます。
高額のローンを組むなら金利も低い方が良いので、金利が最も低いリフォームローンを探してみましょう。

 

また中にはちょっとした改装がしたいという人もいると思います。
リフォームローンは30万程度からの借入となるので、金額によってはリフォームローンを利用できない場合も。
その際はカードローンで借りると良いでしょう。
リフォームローンに比べると金利が高いというデメリットがありますが、銀行系のカードローンであれば消費者金融よりも低い金利で借りることができますよ。

カードローンとリフォームローンの違いについて

リフォームローンはカードローンよりも金利が低い

家の改装を考えた時にお金はどこで借りるか悩みますよね。
銀行や消費者金融など、借りる金融機関はいくらでもあるもの。
しかし借りる前に考えておきたいのがカードローンで借りるか、リフォームローンで借りるかです。
どちらで借りるかで金融機関も大きく変わってきますので、まずはどちらで借りるかを決めましょう。

 

カードローンとリフォームローンの大きな違いは、使途です。
カードローンは原則的に使途自由となっていますので、借りたお金をどう使おうがそれは本人の自由となります。
しかしリフォームローンはリフォーム資金のためのローンなので、リフォーム資金以外には使えません。
また金利について違いがあります。
リフォームローンは金利が低く設定されていますが、カードローンは借りる金融機関によっては高い金利で借りなければなりません。

お金の使い道によってどちらで借りるかを決めると良い

ですので返済の時の負担についても差が出るでしょう。
借入上限金額は、銀行系のカードローンであればリフォームローンよりも多く借りることができる金融機関もあります。

 

大まかな違いは以上の点です。
リフォームのためだけにお金を借りたいならリフォームローンを、リフォーム以外にも家具の新調などで使いたいならカードローンを。
使い道によってどちらで借りるかを分けることが大事です。